top of page

バガヴァッド・ギーターのメッセージ ー仕えることは愛することー


バガヴァッド・ギーター
5000年前の聖典バガヴァッド・ギーター

昨日は、バガヴァッド・ギーターを唄うクラスでした。



ご一緒してくださったみなさま ありがとうございます。

みんなで唄うのは最高に楽しい。


最近は、ギターを奏でながら バガヴァッド・ギーターのシュローカを

唄うことに夢中です。



意味はわからなくても サンスクリット語の響きは聴いて唱えることで

私たちの心身を整えて、癒します。



みんなで唄っている動画を歌詞付きでインスタグラムにアップしていますので

興味ある方は一緒に唄ってみてくださいね。

(フォローやいいねしてくださるうれしいです☺️)



動画の最後で唄っているバガヴァッド・ギーター 5-29は、好きな節のひとつ。



'至上主は一切の生物の幸福を願う大慈悲者であると、

これを知る人は永遠の平安に達する。' のだと。



神様は、いつも私たちの幸せを望んでいる。


祈っても祈らなくても。 神様を想っても、想わなくても。


なんて、優しいんだ。


でも、うた3つ目の4-11でクリシュナはこう言ってる。



'私へ身を委ねた程度に応じて、私は人々に報いる' と。


神様を信頼している分だけ、神様に任せている分だけ 神様はあなたの望みに応えるよ。


ってね。



バガヴァッド・ギーターのメッセージは '私たちの行為を通して神に仕えること'。



'仕えること' は '愛すること'。


愛するためには 自分が愛されていることに気づくこと。



私たちは愛されて、自分は受け入れられていると守られた安心の中で

はじめて愛することができる。 与えることができる。


バガヴァッド・ギーターは 私たちがどれだけ神様から愛されているかを教えてくださる

書物です。



ぜひ一緒に学び、唄いましょう。



あなたが安心していますように。


世界を優しい眼差しで見ることができますように。



バガヴァッド・ギーターを読みたい方はこちらでご購入頂けます。



Ys.Kairava.dd (カイラヴァ)


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page